REVYカラコンの14.0mmと14.5mm

コンタクトレンズというものは様々な種類がありますが、サイズも選ぶことができます。
装着させるには、眼科で度数などを調べてもらってから装着するようにしましょう。
カラコンというものは、カラーコンタクトの略語であり色のついたコンタクトレンズという事で、お洒落をもっと楽しみたいという人にはこう言ったものを、使用することにより目の雰囲気も変わります。

目を大きくさせたいのであれば、黒ぶちのものを使用したり気分転換に、色のついたものを使用することにより今までとは違った、目の色になります。
顔をお化粧するだけでなく、目もお化粧する事でお洒落の範囲も広がり、様々なものを体験することにより女性らしさというものが上がってくるのではないでしょうか。

カラコンのサイズも様々ありますので、目の大きさに合わせて使用すると良いでしょう。
サイズの間違いなどで、目にキズがついてしまったりすると大変ですので、そういった事も眼科などで見てもらってから、やってみる事をオススメします。

カラーコンタクトの使用だけで、いつもの雰囲気も変わってくるというのは、良いことですので自分磨きをしたいのであれば、そういった事を取り入れるというのも良いかも知れません。

REVYカラコンで見る14.0mmと14.5mm

ハーフ系の定番といえばREVYカラコンをあげる女性も多いでしょう。
盛れるハーフといえばって感じですね。

ところが、新発売REVYラスターは14.0mmと小さくなりました。
これはなぜなんでしょうね。
せっかく大きいからということで気に入ってた人にとってみたら疑問に思うかもしれません。
でも私は結構納得してるんです。

これはみんな好みのサイズが違うからかなと。私は14.5mmでちょうどいいなって思う時とそう思わないときがあります。
特にREVYみたいなハーフ系というのは、デザインが違うと、同じサイズでも全然違う感じに仕上がるんです。
個人的にはREVYシリーズ自体が好きなので、極端な話、どちらのサイズもこれからも展開して欲しいって思いますもの。ただワンデーはやっぱり発売してほしいな。