REVY Luster グレー!小さめグレーでハーフ顔

これはREVYの歴史を変える存在ですね。
今までのレンズ直径14.5mmから14.0mmに変わったのは大きいですね。

そうです、新シリーズの「REVY Luster(ラスター)」です。

今日はグレーを紹介しますよ。

まずは装着画像を比べてみましょうか。

「REVY Mistyグレー」
REVYMistyグレー

今回の「REVY Lusterグレー」
REVYLusterグレー

REVYとREVY Mistyはレンズ直径14.5mmでしたので、結構小さくなってます。
ハーフ系でこの14.0mmというのはなかなかありません。

大人のクールな女性にぴったりでしょう。
このレンズと軽くハーフメイクするだけでセクシーな大人の女性に変われるよ。

最長1年使用だよ。度なし1,900円で度あり2,900円。
このサイズでハーフ系グレーは不自然になりにくいから好き♪

REVYLusterグレーのフチと内側の模様に注目

私独自の感想とレポになりますが、ちょっと書きます。
REVYmistyの時ともデザインはちょっと違います。
ハーフ系の3トーンといっても、いろんなタイプがありますよね。
REVYLusterグレーの場合は、濃いグレー、薄いグレー、オレンジが混ざってる印象です。
ハーフ系でよく見ますが、完全にベタ塗りではなく、透け感があるものです。
そうあんると、黒目が透けて見えるわけですから、その色の影響が見た目に出るんです。
ですので、レンズ画像で見るそのままの瞳になるということはまずないでしょう。

REVYLusterになってレンズ直径が14.0mmになりましたが、着色直径は12.8mmです。
このくらいのサイズだと、場合によってはほぼ自分の黒目と同じくらいという可能性もあります。
個人差がありますから、はっきりしたことを書くことは出来ません。
小さいハーフ系のよいところはどこでしょうか。
それはナチュラルという点でしょう。
14.8mmくらいのハーフ系もありますが、それでスリートーンとかになるとインパクトが強すぎるかもしれません。
顔の第一印象が目になることもありますが、その目が浮いてるように見えてしまっては好印象ではなくなることも考えられます。
一度このレヴィラスターのグレーは試してみる価値ありだと私は思いました。